超解説!凸凹ニキビ跡を治す方法

ニキビ跡は治るのか?治るなら何をすればいいのか?

肌の悩みとしてニキビは非常にやっかいなものですが、それ以上に悩まされるのがニキビ跡です。

頬やあご周りなどにシミのように薄茶色になったニキビ跡が残っていつまで経っても消えなかったり、10代の時やストレスがひどかった一時期にニキビだらけになったときに できてしまったニキビ跡の凹凸が今も肌に刻まれたままコンプレックスになっているという人も多いはずです。

「どうやったらニキビ跡は消えてくれるのか?」ずっと悩んでいる人も多いでしょう。

当サイトはそんなニキビ跡に悩んでいる方のために、何で赤みや黒ずみとなってニキビ跡が残ってしまったのか、それからどうやったらそれを消すことができるかというのを詳しく解説しました。

特定の商品やサービスを宣伝したり、広告を貼ったりはしていないので、嘘偽りなく本当に凸凹ニキビ跡を治すためには何をすればいいかという情報と知識だけ紹介しています。

あなたのきれいな肌が戻るお手伝いができれば幸いです。

超解説!凸凹ニキビ跡を治す方法のメニューから注目記事をPICK UP!

icon ニキビ跡ができるメカニズム

ニキビができても必ずしもニキビ跡が残るわけではありませんし、ニキビ跡が残っても赤みになる人もいれば凸凹になる人もいます。 こういう違いはなぜでてくるのか?ニキビ跡ができてしまうメカニズムとあわせて紹介します。

>>詳しくはコチラ

icon 赤みや黒ずみなど色素沈着の消し方

赤みや黒ずみといった色素沈着系のニキビ跡はスキンケアで消すことができます。どんな有効成分を使ってどんなアプローチをすれば効果的なのか? ということについて具体的にわかりやすく解説しました。

>>詳しくはコチラ

icon 凹凸が残るとなぜ治りにくいのか?その理由

頬や顎にかけてクレーター状にニキビ跡が残って肌が凸凹になっているのはどうして治らないのか?凸凹やケロイド状に盛り上がる一番やっかいな ニキビ跡が残ってしまう原因と対策について紹介してあります。

>>詳しくはコチラ

icon 凸凹肌を整えてくれるレーザー治療について

今のニキビ跡治療の最先端をいく治療法の1つであるレーザー治療について紹介します。どんな仕組みで肌の凸凹をフラットにすることができるのか? ピクセルレーザーを例に挙げてレーザー治療の可能性について解説しました。

>>詳しくはコチラ

最新情報&更新情報

2014.3.01 サイトマップを追加しました!

2014.2.26 ピクセルレーザー治療を更新しました。

2014.1.10 凸凹が治らない理由を更新しました。